クラブは縦に振る

正しいスイングは、クラブシャフトを立てて、上から下へ縦に振ります。

そうすることで、ボールを正確にとらえたり、高く上げることができます。

しかし、間違ってクラブシャフトが寝て、横に振っている人が結構います。

どうしてそうなるのか説明します。

ダウンスイングからグリップエンドが目標方向を指して振り下ろすと
クラブシャフトが寝る状態となり、横に振ることになります。

これでは、すくい打ちのようになり、インパクトでフェースは開き、
スライスしやすくなります。

また、トップやダフリなどのミスショットも出やすくなります。

ではどうすればいいのか?

ダウンスイングからグリップエンドが下を指して、
上から下へ振り下ろすと縦に振ることになります。

インパクトで、フェースもスクエアになり、
トップやダフリなどのミスショトも出にくくなります。

皆さん、ダウンスイングでグリップエンドがどこを指しているのか?

チェックしてみてくださいね。

縦に振るためのアドバイスを一つ。

なるべく、体の近くをグリップが通過するようにイメージしましょう。

皆さん、クラブは正しく縦に振りましょう。

スポンサードリンク