池、林、バンカー越え

池、林、バンカー越えなどのショットは、プレッシャーがかかりますよね?

池、林、バンカー越えの場合は、
まずは確実に越えられるかどうかを適確に判断します。

ウェッジやショートアイアンで、
高さも距離も無理なく越えられるようであれば良いのですが、
ミドルアイアン以上のクラブでなければ、届かないような距離であれば、
確実に越えられるショットが打てるのか、再度冷静に判断してみましょう。

確実に越えられるショットが打てそうにない場合は、
たとえ遠回りになってもセーフティーゾーンに打ち、
次のショットに期待しましょう。

池、林、バンカー越えなどのショットで多いミスは、トップです。

原因は、ボールを高く上げようとする意識が強すぎて、
すくい打ちになってしまったり、池、林、バンカーなどが気になって、
打つ直前からヘッドアップしてしまうことです。

池、林、バンカー越えのショットは、
ボールを高く上げようと意識しすぎてはいけません。

目線は、極端に上げないほうが良いでしょう。

それと、打ち終わるまでヘッドアップしないことです。

きちんとスイングして、ボールをフェースで確実にミートしなければ、
良い結果なんて生まれません。

必ず、打ち終わったのを確認するまで、
ヘッドアップしないように意識しましょう。

これで、池、林、バンカー越えも怖くありませんね。

スポンサードリンク