アイアン上達(ハーフショット)

アイアンの上達には、ヘッドの入射角度を安定させることが大切です。

スイングするたびに、入射角度がばらばらということでは、
狙ったところに安定して打つことができません。

常に安定した入射角度を保ちながらスイングするためには、
体と腕の同調が必要不可欠です。

腕だけで振るのは、絶対いけません。

体に対して腕の動きが大きいとダフったり、
トップなどのミスショットになります。

体の回転の動きにつられて腕がついてくるような
スイングを目指しましょう。

アイアンが上達する練習法を紹介します。

9番アイアンで、ハーフショットで打ちます。

バックスイングで、クラブが地面と平行になった位置がトップです。

フォロースルーもクラブが地面と平行になるようにしましょう。

スイングの幅が小さいので、
腕だけでスイングしないように注意してください。

また、力んでしまうのもいけません。

バックスイングで右足に、
フォロースルーで左足にきちんと体重移動するようにしましょう。

バックスイングとフォロースルーの形が
左右対称になるようなイメージです。

スイング中、必ず手元を胸の前にキープします。

トップ、インパクト、フォロースルーまで、手首の角度をキープします。

フォロースルーで、体が目標方向に向くようにします。

ハーフショットは、体と腕を同調させないと上手く打つことができません。

このハーフショットで、体と腕の同調が上手くできれば、
フルスイングにも生かされます。

とても効果的な練習ですので、皆さん是非実践してくださいね!

スポンサードリンク