ダフリ矯正

練習場でアイアンショットを打つときは、
練習マットの上のボールを打つため少々ダフっても
クラブがマットの上を滑るので、
ダフったことに気づかないこともよくあります。

ラウンドでよくダフってしまう方は、
実は普段から練習場でもダフっているのかもしれません。

ダフリを矯正する練習法を紹介します。

ドライバーを打つときと同じぐらいの高さにティーアップして、
アイアンで打ってみましょう。

ティーアップしていますが、すくい上げるようなうち方はいけません。

アイアンなので、ダウンブローに打ちましょう。

練習場のティーは、ゴムでできています。

インパクのときにこのゴムに当たらないように
ボールだけをクリーンにヒットしましょう。

このゴムに当たるのは、ダフっている証拠です。

ゴムに当たったときは、ボールはあまり飛びません。

また、ゴムを打ったときの感触が残るのと、ゴムの音が聞こえるので、
クリーンに当たったときとの区別は簡単につきます。

ゴムの音をさせないように、打てるようになるまで練習しましょう。

スポンサードリンク