方向性重視のドライバーショット

フェアウェイが狭いホールで、フェアウェイをキープするための
ティーショットの練習方法を紹介します。

ティーグラウンドに立ったとき、フェアウェイの狭さに驚き
プレッシャーがかかることってよくありますよね。

そんな状況で打つティーショットを正確に打てる練習法を紹介します。

その方法は、スイングをアレコレいじったり、考えたりしなくてよいので、
とてもシンプルでいつもと同じ感じでスイングできます。

まず、ティーアップする高さを少し低くします。

グリップは、指1、2本分ぐらい短く持ちます。

スタンス幅を、やや狭くします。

後は、普段どおりスイングします。

簡単でしょ!

スタンス幅を狭くすることによって、体重移動の幅も少なくなり、
オーバースイングも抑えられ、コンパクトなスイングができます。

その結果、ミート率が上がります。

但し、飛距離は当然ながら落ちます。

スポンサードリンク