手首のコック

手首のコックが正しく行われないと、
ボールを遠くへ飛ばすためのパワーが蓄えられません。

では、正しいコックとはどのようにするのか説明します。

テークバックでクラブが地面と平行になったとき、
フェースは正面を向きます。

ここから、左手親指方向に折り曲げながらクラブを上げていきます。

これが正しいコックです。

トップでは、左手の親指方向に折り曲げた状態ですが、
このとき、左手の甲側にも折れてしまうと、
インパクトでフェースが開き、スライスが出やすくなります。

逆に左手の手のひら側にも折れてしまうと、
インパクトでフェースが閉じ、フックが出やすくなります。

皆さん、正しい手首のコック、是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク