バックスイング(クラブを立てて上げる)

バックスイングでクラブが寝たまま上げるのを防ぐ練習法を紹介します。

6番アイアンを持ち、壁から30センチほど離れ、
背を向けてアドレスします。

ゆっくりと、バックスイングしてみましょう。

テークバックして、グリップが右腰の高さにきたときに、
シャフトが地面と平行になり、
さらに飛球線に対しても平行になるようにしましょう。

その位置から、グリップエンドを下に向けて、
クラブを立てて上げるのが正しいバックスイングです。

決して、その位置を過ぎてからインサイドに引いてはいけません。

これができていれば、後ろの壁にクラブヘッドが当たることはありません。

クラブを立てず、寝かせた状態でクラブヘッドを引いたり、
グリップをインサイドに引いたりすると、
クラブシャフトを立ててバックスイングできません。

この練習でチェックしてみましょう。

このようなバックスイングになると、
後ろの壁にクラブヘッドが当たってしまいます。

後ろの壁にクラブヘッドが当たってしまうのは、
間違ったバックスイングをしている証拠です。

テークバックして、グリップが右腰の高さにきたら、
クラブを立ててトップの位置まで上げるようにしましょう。

壁に当たらないようになるまで、バックスイングを修正してくださいね。

スポンサードリンク